ポリ袋印刷のコスト相場

一枚あたり二円ほどが相場

ポリ袋印刷業者に依頼をすれば、非常に安い価格でオリジナルなポリ袋が作れてしまいます。どの程度のサイズのポリ袋にするか、また印刷の方法、デザインによっても単価は変動するのですが、安ければ一枚あたり二円ほどで作れるのが驚きです。これだけ安いなら、大量に発注をしたとしても数万円で済ませられます。お店で使うレジ袋として使っても、コストが気になるレベルではありません。無料で配布をしてもお店の宣伝になる分、プラスになる可能性が大です。ただし、素材やデザイン、加工の種類に凝れば単価は徐々に上がっていきます。また、小ロットの注文になると単価は上がってしまうのが普通です。発注をするときには大量注文をするのが、こうした業者を使うときの基本戦術となります。

自分で印刷すると高くつく

ポリ袋に印刷ができるタイプのプリンターも市販されています。そうしたものを使っていけば、自宅でオリジナルなポリ袋が好きなだけ作れてしまいます。ですが、自分でポリ袋に印刷をしていくと、どうしても高く付いてしまいます。電気代はもちろん、インク代もバカになりません。少ない数作るのなら業者に頼む手間が省けていいかもしれませんが、お店で使うようなポリ袋は自分で作る意味はないでしょう。自分で作ると赤字になってしまう公算が高いです。業者ならスピーディに印刷して可能な限り早く指定住所に届けてくれますし、時間的なロスも生まれにくいです。何より一枚あたりの単価が安いので、赤字が発生しにくいというメリットがあります。

ビニール袋に印刷を行ってる格安企業がたくさんあるので、インターネットで探して依頼するのがおすすめです。