ポリ袋印刷でお店の宣伝効果

ポリ袋に印刷することのメリット

お客さまに商品を渡す際に使うポリ袋。無地ではなくお店のロゴや名前を印刷していれば、リピーターになってもらえる確率が上がります。家に帰ってからも袋を見るので、購入して終わりではなく、何度もお店のことを思い出す機会ができるからです。同じ商品が複数のお店で売っていたとして、どこを選ぶかは、記憶に残っていたり、利用したことがあるお店が有利になります。
また、ロゴや店名の印刷された袋を持って歩いてもらえば、購入者以外の人にもアピールすることができます。
同じようにポリ袋に入れて商品を渡すなら、印刷をした袋を使った方が宣伝効果があるのは間違いありません。
ポリ袋はビニール袋よりも高級感があるので、貰った側も嬉しくなりますし、日常でも使ってもらえる可能性があります。

ポリ袋印刷を頼む方法

ポリ袋への印刷は、専門の業者が数多くあります。そういった業者に依頼すれば短期間で簡単に作ってもらうことが可能です。大ロットからはもちろん、小ロットでの印刷にも対応している業者はあります。
印刷する際、一色刷りとフルカラーを選ぶことも可能です。一般的にフルカラーの方が高くなりがちですが、目は引きやすくなります。
どちらを選ぶかは予算やお店のイメージによって変わってきます。
ポリ袋の形状も選ぶことが可能です。袋に手穴の開いたシンプルなものから、紐がついていて肩にかけられたり巾着のように口をしぼれるようになっているものもあります。
一口にポリ袋と言っても、色や形状の選択によってオリジナリティを追求することができるのです。

オリジナルのポリ袋には、様々なデザインがあります。カフェ風やインテリア風、風景のデザインは、特に人気があってオススメです。